住宅ローン控除の最大控除額(平成26年4月1日~平成33年12月31日までに居住)

売主が宅地建物取引業者 住宅ローン年末残高額×1% 最大年間40万円 (10年間最大400万円)
売主が個人 住宅ローン年末残高額×1% 最大年間20万円 (10年間最大200万円)

いずれも控除期間は10年。

何故、売主によって控除額が異なるのかは、
平成26年4月1日より、消費税が増税された措置であり、
個人間の売買の場合、住宅の対価に消費税が課せられないため。

国税庁より財務省HP掲載「住宅ローン減税制度の概要」の方が、理解しやすいと思います。